保育園で怪我?泣く!痛い!はないけど手術!?肘内障(ちゅうないしょう)とはなんだ

tttblog-medical-note子育て

保育園で怪我?泣く!痛い!はないけど手術!?肘内障(ちゅうないしょう)とはなんだ

数日前の話。朝、保育園に一歳半の子どもを送り届けて約3時間後に保育園から電話がありました。

(我が家は共働きの為、職場が保育園に近いtttを第一連絡先としています。)

これまでに3回ほど保育園から電話がかかってきたことがありますが、その全てで「お熱が37.5以上ありますのでお迎えに来て下さい。」という連絡だったので今回もそうだろうと思い、電話に出てみると、

tttblog-medical-note

☎️の会話

↓↓↓

保育士さん「お子さんが左手を使って遊ばないんです。おもちゃを目の前に置いても左手を使わずに右手でつかんで遊びます。泣いたり、痛がる様子はないのですが、意識的に左手を使わないようにしています。今朝、おうちでの様子はどうでしたか。変わったことはありませんでしたか。」

ttt「特に変わった様子はなかったですよ。」

保育士さん「そうですか。念の為、整形外科に掛かろうと思いますのでお迎えに来れますか。」

ttt「今すぐに何時とは言えませんが、午後には行けると思います。」

保育士さん「午後、健康保険証と子ども医療費助成受給券をお持ちになって下さい。保育園近くの○○整形外科の前で待ち合わせして一緒に行きましょう。」

ttt「私が整形外科に連れて行くので保育園で待ってて下さい。」

保育士さん「保育園としても医師の診断を聞きたいので、一緒に行きます。」

ttt「そうですか、分かりました。時間が分かったら連絡します。」

と言って、☎️を切りました。

ほどなくして、保育園より電話。

☎️の会話。

↓↓↓

保育士さん「度々すみません。お子さんに泣いたり痛がる様子はないのですが、園長先生の意向で午前中のうちに整形外科に行ってきます。こちらで実費を支払っておきますので、あとで保険証と受給券を持って整形外科に精算しに行ってもらえますか。」

ttt「分かりましたよろしくお願い致します。」

☎️を切る。

保育園に向かっている途中に非通知より電話。(保育士の個人携帯?のため非通知)

☎️の会話。

↓↓↓

保育士さん「今、整形外科に行ってきました。お医者さんに診てもらったら左肘が脱臼していました。肘内障(ちゅうないしょう)と診断されました。その場でお医者さんにクルクル ポキッと治してもらいました。お子さんは痛がる様子もないですし、さっそく左手を動かしています」

ttt「そうでしたか。ありがとうございます。今向かっておりますので、おうちで保険証と受給券を取ったら保育園にお迎えに行きます。」

と言って、☎️を切りました。

 

肘内障とはなんだ。初めてくらいの勢いで聞いたぞ。

調べてみると、

肘内障(ちゅうないしょう)とは、

肘の輪状靭帯と橈骨頭がはずれかける、いわゆる亜脱臼を起こしてしまった状態のこと。

小さい子どもの体は発達途中のため、腕を強い力で引っ張られる、腕をつかんで何度も持ち上げられるなどで発症するそうです。とりあえず、詳しい話は保育園で聞くとして、おうちで健康保険証と子ども医療費助成受給券をとって保育園に向かおう。

おうちについて母子手帳などを保管してある場所を探すと医療費助成受給券は見つかったが、保険証が見つかりません。いつも一緒の場所に保管してあるはずなのに、、、保険証だけない。ということは、ママがいつも持ち歩いているカードケースに入っているな。戻し忘れたんだろう。今日は整形外科で精算できないだろうから実費を保育園に支払わなければ。そう思い保育園に行く途中、銀行ATMで現金を下ろして保育園へ。

保育園はお昼寝の時間で園児はスヤスヤ夢の途中です。静かに職員室に挨拶へ行くと、次々と先生達が集まってきました。

保育士さん「本当にすみませんでした。」

ttt「どうされたんですか。」

保育士さん「手をつないで園内を歩いている時にお子さんが足を滑らしたので手をぐっと引っ張ったら一瞬泣いたんですけど、その後は泣いたり、痛がる様子はなかったのでクラスに戻りました」

ttt「はい。」

別の保育士さん「クラスの中でおもちゃで遊んでいると左手を使っていないことに気がつきました。」

ttt「そうでしたか。整形外科まで行って頂き、ありがとうございます。今は妻が保険証を持っていて整形外科で精算できないので実費を支払います。おいくらでしたか。」

明細書を渡され、確認すると手術の欄に点数が入っていました。子ども初手術です。

実費金額22,830円。

ttt「(内心)おっ、思った以上にする。銀行で下ろしておいてよかった。」

無事、支払いを済ませ、

保育士「本当にご心配お掛けいたしました。今後、職員一同気をつけて行きます。」

ttt「今後ともよろしくお願いします。今日はこれで帰ります。」

お家に着くと、さっそく左手を使って好きなミニカーで遊んでいます。

大事に至らず、本当に良かったです。

翌日、健康保険証・子ども医療費助成受給券を持って整形外科に精算へ行きました。子ども医療費無料とても助かります。

まだまだ、成長過程の子どもを暖かく、そして注意深く見守っていきたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

後日談。

保育園のおともだちもおうちで肘内障(ちゅうないしょう)になったらしい。

小さいお子さんをお持ちのご家庭は十分お気をつけて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました